私の学生時代、特に小学校の6年間は、楽しかったできごとや入学当時クラスメートからいじめられた悲しい思い出など、今でも忘れられないたくさんの思い出があります。 

たくさんの思い出の中でも、小学校6年間の最後を飾る卒業式は、強烈に残っている思い出があります。

卒業式を経験した方は、前夜から緊張していた覚えがあるかもしれません。 

緊張しやすく予行練習のときから心臓がバクバクしていた私に、卒業式当日、悲劇が待っていました。 

卒業証書授与のとき、担任の先生の呼びかけでひとりずつ校長先生が待つ壇上中央まで歩きましたが、緊張のあまり手と足が一緒に出てしまった私に少し薄笑いが聞こえました。 

恥ずかしさが頂点に達した私は、顔を真っ赤にして壇上から下り席へ戻りました。 

小学校6年間を締めくくる卒業式に何とも恥ずかしい思いをしたことを教訓に、私は中学、高校の卒業式前夜にまっすぐ歩くトレーニングを徹底的に行いました。 

トレーニングの成果があった中学、高校の卒業式は、落ち着いて卒業証書を受け取りました。

卒業証書を受け取った当時は、まっすぐ歩くこと以外一切頭に入らないほど真面目でしたが、今振り返ると少しだけ笑ってしまう懐かしい思い出です。