プログラマーの小林は昨夜(トールと会った日)二日酔いで、朝はしょぼしょぼと文句を言いながら出勤しようとしていたが、家の前に出たところで竜の姿をしたトールを見つけ、驚く。

トオルを家に招き入れてしばらく話をしてから、昨日のトオルとの面会と話を思い出した小林は、慌ててトオルに、「守れない約束をしてしまって申し訳ない。だめならだめだ」と言った。

トールはとても悲しんで、彼女の「招かれざる客」に謝り、目に涙を浮かべて帰ろうとします。
トールの悲しさを見て罪悪感が消えず、ちょうど仕事に遅刻しそうになりました。

小林は急いで出ようとするトールの手を取り、トールが飛ぶかどうか尋ねます。
トールはとても喜んでいます。

トールの背中に座った小林は、トールを見て(主従関系ではなく)トールを「雇う」ことにし、2人で暮らすのがいいかもしれないと考えた。

トール繰り返した小林に対する愛情を示したが、小林に応えも拒否もない。

こうして毎日の過ぎ去った小林とトールの感情を日に日に深まり、トールも休まず彼女の爱情を表現する。

自分の感情を表現するトール、トールの小林に対する感情は親密な友人を超えて、ほぼ恋人に相当しそう。
小林の一挙手一投足に、トールは小林への愛情を感じる。

小林家のトールの帰りを待って、トール、商店街を聞いた寿命に関する話題を知った小林の寿命は100年で、彼女は、何百年、二人は一緒にできない運命で心に陥った不安がると、そのトールの父が出た、強行するトールトールの世界に持ち帰った。

竜の康娜に属すると感じ、帰宅を教えた小林トール永遠にも帰って来なかったが、小林は直接に表現しない、しかし彼女の心になって非常に悲しいと苦痛(2下に落ちなかったメガネを押した、髪がつかまる)、彼女とトールのモデルのカップルのコップに、しかしトールはもう帰って来なかったかもしれない、と小林は精神崩壊の縁。

トールが去った日、小林さんは落ち込んで、一日中落ち込んで(同僚の滝谷さんが彼女を呼んで四声聞いて、全体の人はとても落ち込んで)、一人で寂しさと感傷を感じて、全体の人はすべて打ち壊されたように見えて、家は汚くて、自分の顔色がわからないので、康娜の世話をすることができなくて、康娜を才川家に泊まってもらう。

心は悲しみと後悔に満ちていた。

トールが去った三日目の夜、一人で落ち込んでいた彼女は、初めて自分がトールから離れられなくなったことに気づいた。

こんなことなら、彼女の作ったオムライスが美味しいと自慢していたはずだ(トールのオムライスは本当は美味しいのだが、ときどき変なものが入っていて、小林はそのたびにからかうのを忘れていた)。